工期は人件費やすいと安くなる

一番の山は下地処理、実施の塗装作業で、塗装中作業はマスキングされていて室内から見えなくて、外も養生シートでおおわれわからないです。そして何となく不安抱いて依頼すればしっかりしてくれるのかと疑心暗鬼にアンる人がいるでしょう。そして信頼できるいい塗装業者見つけるのがカギになるのです。

そして工期ですが施工面積や職人の人数により異なって、多少の不便もあって早くしてもらいたいと思ってしまうのですが、外壁塗装ばかりは早いといったことはけして売りにならず、注意しましょう。目安は平均的な2階建て戸建住宅なら作業日数にして少なくても7〜10日かかると思っていてください。これは作業する日だけカウントした場合であり、実際天候で中断、休日など含め実際の塗装工事期間2週間ぐらいかかるのです。そして、うちは職人さん2人で雨2日、休日1日で作業日数11日、工事期間14日です。工期は業者にしてみると短いほうが人件費やすくて、その分数こなせます。

そして、洗濯ものは塗装中なら窓マスキングされていて外に干せなくて、ほかの作業中も基本室内に干すと思ていてください。万一ペンキ尽きても困って作業の邪魔となります。水性塗料はペンキ臭いといったことがありませんが。有機溶剤系塗料はペンキの臭いしてきて、1日すればほとんどにおわないです。

マスキングシエルアイダ窓開け喚起できなくて、においに上が手だったり、小さい子がいれば耐久性でどうしえtも必要なところ以外水性塗料で塗装してもらいましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*