外壁塗装で何を選ぶのか

外壁というのは、常に風雨に晒されていることになりますから、計画的に塗り替える必要性があります。しっかりと適度に塗り替える必要があるといえるでしょう。ですから、よくよく計画的にやらないといけないことではあるのですが、塗り替えるのみならず、作り直すことも検討したほうがよいでしょう。その場合も外壁には塗料を塗ることにはなります。

 

さて、外壁に使う塗料というのは、実は物凄くたくさんあります。ですから、どれがよいのか、ということはよく考える事になるわけですが、まずは、アクリル系塗料というのがあります。これはかなりこまめに塗料に塗り替えをしたい人によいでしょう。つまりは、耐久性的に極端に優秀というわけではない、といえます。要するに安い、ということです。ですから、耐久性がそこまで高くないことはネックですが安く仕上げると言う点においてこれがベストとなることもあります。

私もこれにしようかと思ったことがあるのですが、本当に短いので、ということでやめました。大体5年くらいが耐久年数であるとされているようであり、とにかく安く済ませたい人にはお勧めできます。他にもフッ素系であったり、ウレタン系であったりと様々なタイプがあるわけであり、そちらのほうがよいことが多いです。

 

結局、うちはフッ素系にすることにしました。これには特徴があり、長く使うことができたからです。だからこそ、これを選択したわけです。これが正解でした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*