友人の家で

タイトルにあるように、私は友人の家でリホームを手伝う機会がありました。最初は失敗したら、嫌だし、こういうのは業者に頼ったほうがいいのでは?と思いましたが、親しい友人であったことから、「失敗してもいいや」という感情になり、手伝うことにしました。外装塗装で塗る場所は、庭の壁側で、塗料が劣化しており、少しひびがありました。塗料の種類は、アクリル系の塗料であり、コスパがいいと友人が言っていました。しかし、アクリル系だと寿命が短いからあまりよくないと言っていました。塗料を塗ってみて、私がイメージしていた以上に難しいと感じました。特に均一に塗っていくのがなかなか慣れずに苦戦したのは印象的でした。塗りすぎてしまうと、その場所がドロドロしてしまい、ムラができてしまったところもありました。また、ひび割れを起こしている部分では、隙間をうまく埋めることでき、最初のほうにやっていたら、失敗していたと感じています。しかし、初心者たちがやったことで塗料していない部分と色合いが違っていて、微妙な完成となってしまいました。塗料をしてみた結果、私の家の方の壁もそろそろリホームした方がいいなという考えになりました。家を建ててから、塗料の寿命を考えると過ぎているのがわかり、業者に頼もうという考えに至りました。初心者が塗料の知識もないのにやってしまうと場合によっては後悔してしまう結果になるので、あまりお勧めしないと感じました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*