増税前に塗装

うちは戸建て買って10年経過したわけですが、正確に言えば10年とプラス数年です。そして外壁、屋根の塗装塗り替えなくてはならなくなり初めて外壁塗装、屋根塗装をかんがえました。

ですが、塗り毛するのに締め切りあるのではなく、それにかなり費用かかり、放置してしまったのです。そして内心消費税上がるといったこともあって、早いうち塗り替えしたほうがいいと思いました。そして、外壁塗装業者から営業アプローチ、見積のための外壁測定をして、その間複数の外壁塗装の営業車も何度かうちのインターホンおしてどうか?と聞いてきたのです。

そして以前から、営業訪問はインターホン越し即断るようにしてるのですが、招き入れず変えていただくことがほとんどでした。営業者がくるたび、そろそろしなくてはと外壁塗装が気持ち書き立ててくれます。また、週末家族も出かけ一人で暇していた休日、ピンポンとなってインターホン越しに出てみれば外壁塗装の営業の方。どちらの業者かと聞いてみて、大阪にある会社と回答しました。

そして見積するには壁の大きさ測定する必要があって、測定したらまたインターホン鳴らすといったことで待ってました。その間塗装業者の営業車が名乗った会社名でネット検索して、どういう会社か調べたのですが、そこは大阪郊外の塗装業者で、ホームページは外壁塗装の施工自席などちらほら、可も不可もなくという印象です。そして営業者と話す時何か注意することあるのかとネットで検索してみました。

外壁測定終わったらしくインタ―ホンなって、営業者を家に迎えます。ちょっとした会話して営業車から見積もり料金計算して出すには多少時間かかるなどで改めてきてもらうことに。夕方業者の方が、見積持ってきて、夫婦そろって話聞きました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*