雨水が入ってきました

うちは新築から10年経過して、家建てても10年経過すればいろいろ手を加えたりする必要があり、一つは家自体の経年劣化によるメンテナンス必要なことです。さらに家族の成長、ライフスタイル変化ですみ方が変わるといったことへ対処が必要なのです。

そして外壁、屋根防水層の塗り替えは足場を共通で利用して一緒にやります。
外壁、屋根工事が終わって、別の業者に子供部屋の間仕切り工事を依頼。特に紫外線、風雨にさらされてる屋根、外壁は10年経過すれば劣化してきます。

それから、外壁は一般的サイディングで、ベランダはprp防水されていますが、2階のベランダの一部1階の屋根となっていて、防水層が劣化して切れれば部屋へ漏水になるので補修必要でした。

外壁は壁に触れた時白い粉手につく状況になります。これは外壁塗りなおす1つの目安なのです。チョーキング状態を放置すれば、外壁サイディングに雨水浸透や下地腐食したり構造材にまで影響が出てきます。

早く対処して、費用やすくさせられて、家取り返しつかない状況になるの防げたりします。そして、窓周りのコーキングも経年劣化してきます。

窓周りのコーキング切れたりすれば、そこから雨水はいって着て外壁材など構造材にまで影響が出るわけです。そして、外壁塗装は家建ててくれたメーカーなどに依頼がいいですが、ハウスメーカーなどリフォーム部門に依頼すれば費用が高くなります。

結局、我が家は外壁塗装の比較サイトを利用してみました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*