塗りなおす箇所について

中古で買ったアパートは外壁4面のうち3面はガルパリウムでおおわれて唯一道路面した1面だけリシンの吹付塗装となり、細かい意志、塗料一緒に吹き付けるリシン吹付塗装は昭和流行したのですが、きれいに塗装されて見た目とてもきれい;そしてわたしが買った中古アパートのその1面は多くクラックはいった形跡あって、さらにそのクラック埋めて補修したのでうが、外壁クリーム色と異なったグレーのコーキングで埋められていて、見た目大きなクラックはいってるように見えひどい状況。そして水の侵入がなくほかの3面にいたっては手つかずで十分キレな状況で、塗装するかとても迷ったのです。

 

そして昔から何か大きなお金の仕事依頼するのは1社だけの話で決めるのは危ないというのがあって、まず地元で有名塗装業者4社に来てもらったのです。そして、はじめ来てくれた3社はいま塗装の上にガルバリウム鋼板貼り付ける工法進めたり、屋根含め大掛かりな塗装提案してきたのですが、どの金額も想像遥か超える額でとても依頼する気になれなかったです。

 

ですが、4社目に来てくれたところが素晴らしい提案をしました。それは目につく1面だけきれいに塗装して次の塗装タイミングで他とまとめて塗装すればといったことでした。他部分の耐久性チェックしてくれて10年ぐらい平気といった診断でした。そして今回クラック補修跡が目立つリシン吹付塗装された1面だけシリコン系塗料で塗装して、次回塗装になると思われる10年近く先に、耐久性高い高級塗料でしっかり塗装といったことが予算的におすすめとおしえてくれました。

東京都北区の外壁塗装ならユタカホームまで

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*