すり替え時期と知ったこと

新築で買った住宅も15年経過して、外壁に細かいクラックなどが入って、塗り替え時期だと感じました。

そして外壁塗装、屋根塗装合わせ業者お願いしたのです。業者と打ち合わせしてるときは屋根塗装で塗料を使用するという選択肢があり、これは赤外線反射して、屋根やベランダなどの表面温度上昇を抑えられる効果ある塗料となりますが、業者の説明だと遮熱塗装でも熱伝導元から低い瓦屋根は効果低くすすめられませんが熱伝導高い金属屋根、スレート屋根に対して効果があって、お宅の屋根はスレート屋根で必要なら遮熱塗料にしてはと進められました。

そして、私の自宅は2階建てに天井裏部屋ついた構造であり、夏場物置部屋としてる天井裏の部屋に入れば汗だくでとても長い時間いることができないぐらい、高温です。天井裏部屋のみなら画面できますが、この熱気2階天井から2階各部屋の温度高めてると思って、遮熱塗料を塗装してもらいました。外壁と屋根の塗装が終わればちょっと古い感じになった住居は新築みたいなきれいな見栄えを取り戻したのです。

これでクラックなどの雨水浸透の危険なくなって、家の寿命が延びたと感じまひた。遮熱塗料の効果チェックのため塗装前後屋根裏部屋温度を測って5〜7度も室温下がってるのがわかりました。

真夏でこれで屋根裏部屋快適とはいきませんが、それでも屋根裏部屋で作業するの負担が抑えられます。そして、2階の各部屋の遮熱塗装っ前後の温度測ってないですが、冷房温度設定は従来27度でしたが、28度に高く設定できました

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*