足場を組まずに外壁の塗り直し、良かったこと後悔したこと

築15年の二階建て一戸建て住宅です。外壁は全面サイディングボードですが、建築して10年たった頃から、黄緑色だった色が黄色っぽく褪色してきて、手で触ると白い粉がつくようになってきてしまいました。

建築した工務店に問い合わせると、塗装を塗り直す時期にきているという返事で、全面を塗り直すことになりました。サイディングボードは耐久性に優れ、メンテナンスもあまりいらないと聞いていたので、15年で全面的に補修しなければならないのは意外で戸惑いました。

 

色褪せしていることは気にしなければ機能面には問題ないそうですが、やはり外観としては良くなかったです。和風の家屋でしたので、瓦などが比較的新しい分、バランスが悪く思えました。

 

塗装は、初回とは少し違う色味を選んで行いました。初回よりは褪色した黄色に近い色味にして、今度は色褪せがあまり目立たないようにしたかったからです。予想外の出費に困っていたら、工務店の方から足場を組まずに柄の長いローラーで二階まで塗っていく施工法を提案してくれ、足場ありよりは費用面で随分助かりました。塗り直し自体は満足できる仕上がりでした。

 

最初に塗装をする時に見た目や好みを優先してしまって、塗料そのものの耐久性やどれくらいで塗り直しがいるかなどをしっかり考えなかったのは良くなかったと思います。また色味を変えて塗装したことで家の印象はずいぶん変わり、家を建て替えたような清々しい気持ちにもなりました。

 

逆の発想で、次回は違う色にすることを念頭に、家のイメージを一新する機会と思って予定していくのも良いかと思いました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*